B型肝炎給付金の現在

昭和に行われていた集団予防接種の際に、注射針を使いまわしていた事によりB型肝炎へかかってしまった人に支給されるB型肝炎給付金。このB型肝炎給付金について、まだまだ正しい知識を持っている人は少ないです。

B型肝炎は、肝臓の病気で主に体内にウィルスが入ることで引き起こされる病気です。この病気は主に自然治癒で治るものですが、約5%から10%の確率で発症し、発症してしまうと自覚症状がほぼ無いまま進行し、肝硬変や肝癌などの恐ろしい病気に発展してしまいます。

このB型肝炎にかかってしまった原因が集団予防接種での注射針の使い回しであった場合、国から給付金を受け取れる可能性があります。それが、B型肝炎給付金です。このB型肝炎給付金ですが、よくニュースでは国を相手取り訴訟を起こした、などと取り上げられています。これを聞いてしまうと、とても大きな事に聞こえてしまいますが、実際に感染者である可能性がある方はB型肝炎を扱う弁護士に一度相談してみるのも良いと思います。

B型肝炎給付金の請求にかかる手間は思うよりも少ないものです。現在、日本ではB型肝炎にかかっている人の数は150万人にのぼると言われています。自分が感染者であるのか、給付金が貰える対象となるのか、可能性のある人には必ず手続きをしていただきたいのです。


**関連記事**

B型肝炎給付金基礎知識

B型肝炎とはとても恐ろしい病気である、というイメージが現在の日本では定着しています。ですが、B型肝炎自体は感染者が毎年10000人も増え続けている病気です。では、B型肝炎のどこがそれほどまでに恐ろしい病なのでしょうか?

それはB型肝炎が、自覚症状が出ずに知らないうちに病状が進んでしまうという点にあります。痛みや自覚症状の出にくい肝臓にかかってしまう病気で、自覚症状として出る症状も、発熱やだるさ、食欲がなくなってしまうなど、一般的にかかる風邪などの症状ととても似ているため素人ではほぼ気付くことができません。このB型肝炎の恐ろしさは、そこにあるのです。

B型肝炎にかかった事に気付かずにそのまま病気が進行してしまい、肝硬変や肝癌になるケースがあります。そして、このB型肝炎ウィルスにかかった事により肝硬変肝癌になってしまった場合、あるいはB型肝炎にかかってしまっている場合に給付金が受け取れるようになっています。

B型肝炎の予防接種が行われていたのは昭和23年から64年の間、約40年間、この間に行われた集団予防接種を受けた人々が対象になりますが、その事実をまだ知らない人も沢山存在しているのが現状です。


**関連記事**

B型肝炎給付金とは

昨今、よくニュースなどで取り上げられているB型肝炎ですが、よく「B型肝炎給付金」という言葉も一緒に紹介されているのをご存知でしょうか?B型肝炎とは、体内にウィルスが進入することによりかかるウィルス性の病気で、肝臓に現れる病気です。感染ルートの例としては、例えばカミソリなどの使い回しや性行為、歯ブラシを共有する事によって感染すると言われています。

このB型肝炎がニュースなどで取り沙汰される理由として、過去に予防接種での注射器の使い回しが行われていた事が明るみに出たことが大きな理由となっています。子供の頃に、誰しもがうけた事のある予防接種ですが、学校などで行われているこの集団予防接種で注射器が使いまわされていた事実があるのです。もちろん現在は予防接種に注射器の使い回しはされていませんが、この注射器の使い回しは昭和23年頃から63年ほどまで続いていました。この事により、B型肝炎に感染してしまう例がとても多かったのです。

B型肝炎そのものは、感染してもほとんどが自然治癒してしまうものですが、5%~10%の割合で発症してしまいます。B型肝炎で主に症状が出るのは肝臓という臓器ですが、この肝臓は病気になった場合に痛みなどが出にくいので、そのまま深刻な病気に発展してしまうケースが相次ぎました。

そして現在、B型肝炎の感染者や遺族達が国を相手取り訴訟を求める運動を開始し、損害賠償が認められた事により、B型肝炎B型肝炎給付金の2つの言葉が広まったのです。


**関連記事**